身体ケアに対するまとめ

身体ケアに対するまとめ記事一覧

経験者にしかわからない辛い腰痛は色々な誘因によって出現するので、病院などの医療機関においては時間をかけた問診や診察、レントゲンやMRI、場合によっては脊髄造影検査などの画像を用いた検査に基づき、腰痛を引き起こした原因に合わせた治療を組みます。背中痛以外でも、オーソドックスな検査で異常がある事が証明できないというのに、痛みがあるという場合は、線維筋痛症などが痛みの誘因ではないかとされ、ペインクリニッ...

国民病の一つと言ってもいい肩こりは、そうなる原因も解消の手段もかなり多くの種類があり、病院へ行っての専門的知識に基づく治療、整体に代表される民間療法、食事や生活様式の見直し、柔軟体操など思い浮かびます。腰の疾患でよく耳にする腰椎椎間板ヘルニアの種々の治療法の中で、鍼や整体等の民間療法によって患部の周りが圧迫され、ヘルニアがより進行してしまったという事例もあるので、警戒した方がいいです。レーザー手術...

膝周辺に痛みが引き起こされる要因によって、どう治療していくかは当然変わりますが、猫背や体重の増え過ぎ、生活習慣がなかなか治らない膝の痛みを作り出しているという例も多数存在します。不思議に思う人も多いかもしれませんが、実のところ坐骨神経痛を治療する薬はなく、治療に用いるのは痛みを抑制する消炎鎮痛剤やブロック注射のような対症療法とほぼ同じと言える薬剤しか存在しないのです。様々な原因により起こる坐骨神経...

数多くの原因の一つである、発生した腫瘍により太ももがしびれたりお尻が痛んだりする坐骨神経痛が引き起こされた場合は、耐え難い痛みが相当強く、メスを入れない保存療法では効き目が見られないという特徴がみられます。膝に鈍い痛みを生じさせる原因が何であるかにより、どんな治療をするかは異なってくるものですが、猫背や肥満体型、改善すべき生活習慣が辛い膝の痛みを出現させているという場合も度々見受けられます。俗称バ...

腰痛に関する医学的知見がどんどん進むことによって、治りにくいと言われていた腰痛の有効とされる治療法もこの10年ほどの間に信じられないくらい変革されてきたので、仕方ないとあきらめていた人も、もう一度クリニックなどを訪れてみてください。外反母趾の治療の際に、始めに行うべきことは、足にフィットしたトラブル対応用インソールを仕立てることで、それが功を奏して手術をせずとも治る有益な事例はいくらでもあります。...

腰痛が出たら「温めるのがいい?」「冷却する?」「急に腰痛になった場合の応急処置は?」など経験のない人が不安に思うようなことや、オーソドックスな質問はもちろん、自分に合った病院や診療所の選定方法など、便利な資料をお伝えしています。シクシクとした膝の痛みに作用するコンドロイチンという名の栄養素は軟骨や皮膚・血管壁・腱などの結合組織に含まれているムコ多糖類の一種で、細胞へ栄養などを供給する仕事をしますが...

妊娠により引き起こされるポピュラーなトラブルである坐骨神経痛は、出産を終えることで骨盤を圧迫する原因が消えたことになるのですから、特有の痛みも自ずと元通りになるため、きちんとした治療は特に必要はありません。頚椎ヘルニアのいくつかある治療法の中で、保存的療法につきましては、マッサージを代表とする理学的療法、はたまた頚椎牽引療法等があるそうです。自身に適合するものによって治療を進めなければダメというこ...

日常生活に支障をきたすほどの腰痛を発症しても、得てしてレントゲンを撮って、痛みを抑える薬剤が出され、絶対安静を勧告されるのみで、様々な方法にチャレンジするような治療がなされるようなケースはないに等しかったと言えます。頚椎にできている腫瘍に脊髄神経が強く圧迫されている状態でも、首の痛みが自覚できるので、首を動かさないように配慮しているのに延々痛み続けるのなら、速やかに検査を依頼して、有効な治療を受け...

鍼を利用した治療をしてはいけない坐骨神経痛には、妊娠時にお腹の赤ちゃんが神経に影響を与えたことが要因となって発症するものがあり、そういう時に鍼灸治療をすると、流産しやすくなるケースもあります。外反母趾治療を行うための手術療法のやり方は多岐にわたりますが、最も数多く行われているものは、中足骨で骨切りを行い、母趾の角度を調節する手法で、変形がどの程度進んでいるかにより方式を採用して実行するようにしてい...

しつこい膝の痛みは、必要とされる休憩なしで激しい運動を延々と続けたことによる膝の酷使状態や、思わぬアクシデントなどによる唐突な負傷で現れるケースがあります。腰痛と言ってもいろいろあり、個人個人でその要因も痛みの出方も違うものなので、患者一人一人の原因及び状態を確実に見極めた上で、どうやって治療するかを決めていかないのはとても危険と言えます。鍼灸による治療を受けてはいけない要注意な坐骨神経痛として、...

page top